Hybridity

、友人のレコード店 Rubbergard Record がオーガナイズする Hybridity というパーティがあるんですが、その告知ページを作るという仕事をしました。イヴェントの内容は、僕はこっち方面のシーンには明るくないのであれなんですが、その筋では知る人ぞ知る方々が出演するらしく、とくにブラジル音楽が好きなら楽しめると思います。お暇ならぜひ!

Hybridity

デザインはウェブフォントを使ってポスター風の表現を試してみました。このサイトでも全面で採用している Open SansOpen Sans Condensed のウェイトとサイズの組み合わせでなんとかそれっぽく。文字サイズをコンテンツ幅に合わせるためには FitText、タイトルのカーニングの調整用には Lettering.js という jQuery プラグインを使っています。たいした文字量ではないので Lettering.js は必ずしも必要じゃないんですが、使ってみたかったので。

背景画像を全画面で表示するのは body 要素に background-attachment: fixedbackgournd-size: cover でいけるかと思ったんですが、iOS で background-attachment が思った挙動にならず、空の divposition: fixed で配置するという方法を採りました。

時間もなかったので、緻密な計算より勢い重視でぶっ込むという方向で攻めました。久々に好き勝手やらせてもらえていい気分転換にもなったし、わりかし満足してます。

こういった「仕事しました!」っていう記事を書くのすごく久しぶりな気がする…