いわゆる「スターハック」に代表されるセレクタレベルの CSS ハックについて、ソースコードの整形を工夫してみる。

body {
  font-size: 10px;
}
* html body {
  font-size: 62.5%;
}
*:first-child+html body {
  font-size: 62.5%;
}

この書き方、ハック部分が目立つのでメンテナンス性に優れてはいるものの、本来は必要ないはずの余分な記述が妙に偉そうにに居座ってる感じが、なんかイヤ。というわけで、こんなのはどうだろう:

body {
  font-size: 10px;
  } * html body {
  font-size: 62.5%;
  } *:first-child+html body {
  font-size: 62.5%;
}

改行とインデントをいじっただけなんだけど、視覚的にはひとつの規則集合のなかで宣言を追加してるようなイメージ。ハックのたたずまいがやや遠慮がちになるというか。微妙か?