FirefoxのUAスタイルシートではinput要素のline-heightプロパティにnormal !importantという値が指定されていた。このため製作者がline-heightをコントロールできず、フォーム部品のスタイリングが難しい原因のひとつになっていた。これは修正される見込みがなく、「死ぬまで付き合うことになりそう」とまで言われていたが、2014年6月にリリースされた Firefox 30で!importantが削除され、上書きできるようになっていたらしい。

長生きはするものだという感想。